【新型コロナ】「収束」?「終息」?

まず「終息」についてお話しします。「終」は文字どおり「終わる」という意味ですが、「息」という漢字にも「止<や>む」という意味があります。つまり「終息」は、似た意味の漢字を2つ重ね合わせて「完全に終わる」という意味になっていると考えることができます。

次に「収束」について説明します。これは「収まる」「束ねる」ということから、「(状況・事態などが)ある一定の状態に落ち着く」という意味になっています。ここから、新型肺炎の「完全制圧」の場合には「終息」、(完全制圧ではないにしても)新型肺炎に関する(社会的)状況などがかなり落ち着いてきた場合には「収束」、ということになります。   
 出典:NHK放送文化研究所メディア研究部

新型コロナウイルスしゅうそくは「収束」?「終息」?

結論としては新型コロナウイルスの『収束』も『終息』も私たちの願いですよね。そのため、どちらのしゅうそくを使っても間違いではありませんし、同じ発言者でも場面によって使い分けることもあると思います。最終的な目標はコロナ「終息」ですが、まずは、目先の目標はコロナ「収束」です。

あえて【田舎】なの?

「田舎」とは、「都会から離れた土地」を意味する、人口や住宅がまばらで辺鄙な地域を指す概念・用語である。もう少し具体的に言うと、農村・漁村・山村・離島などとなる。また、「田舎」は故郷を指す場合もある。  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

自分はあちこちとドライブなどするのが楽しみのひとつである。旅行とまでいかないが、車を走らせその土地で美味しい物を食べたり、温泉に入ったり、きれいな景色を見る。美味しい物に関して言えば、レストランで一流のシェフが作ってくれたものも美味しいが、北海道という土地にはそれ以上に海のもの、山のものと「旨い食材」がハンパなくある。また、景色もSNS映えする施設や建造物も良いが、自分は海や湖、山などの自然を見たり感じたりすることが心から癒される。そうなんです、それらが揃うのが北海道!なかでも「田舎」であると思うのです。(田舎の定義は難しいので、個人的な田舎基準で好きな地域を選びます)

では、まず5位

倶知安、ニセコ、真狩、留寿都
すみません、まずこの段階で1市町村に限定なんてできませんでした(笑) もう“この辺”てことで勘弁してください。広い北海道を地域別で分けると「後志(しりべし)」となります。

なにより自分が思う北海道を感じれる、雄大な自然を堪能できます。空気がきれいと素直に思えますね。美味しい物もアスパラ、じゃがいも、とうもろこしとThe北海道なんです。湧き水もあるし、温泉もあるし、家少ないし(笑) みんな農家なのかな?と思えるくらい。アクティビティに楽しみたい方にはオススメです。ファミリーでお出かけには最適ですね。ドライブコースにも最高なので、是非、いろいろと調べてドライブも楽しんでください。

733783799

4位

浦河、新ひだか、新冠
もう、目的は完全に「うま」です。自動車免許をとった10代の頃、真っ先にドライブで目指したのが新冠です。そこで競走馬の牧場や厩舎を訪ねて、半日サラブレットを見たのが思い出です。最近では、ホースセラピーについてや引退馬、馬に関するイベントなどにも参加しちゃってます。そこに、新ひだかを中心とした“海のもの”が加わったので、最強に近いかもしれません。この地域は「日高(ひだか)管内」になりますね。海と山の地域です(北海道はほぼそれw)

始めにも触れてますが今回のランキングは個人的なもの。なので「うま」に興味がまったく無い方には、少し魅力が少なく感じるかもしれませんね。ただ、ほんと好きな方なら鼻血モノです(笑) ちなみに、数少ない飲食店でも美味しいお店はあり、地元のものを中心に提供してくれます。特産では日高昆布などが有名ですよね。他にもこの地域は銀聖鮭、いくら、つぶ、ウニなどが美味しいです。
73737377888

ベスト3の発表

そして 3位

余市、積丹、岩内、寿都
5位の倶知安、ニセコ、真狩、留寿都の海側です。こちらも札幌から近く(北海道基準では100Km位までは近場です)日本海の美味しい物を堪能できます。地域も「後志(しりべし)」です。

いつ今回の新型コロナウイルスが収束するかはわかりませんが、春から夏にかけては最高です。人気のスポットとしては積丹半島、積丹ブルーはもう全国区ですね。夏の海の青さ、桁違いの壮大さと海の透明度は日本の海であることを忘れさせます。空の青と海の碧が水平線上で渾然一体となる様はここでしか味わえない感動。いつまでも北海道旅行での感動の一つとして心に刻まれることは間違いありません。

7836523



余市ではワイン作りも盛んになってきておりワイナリーも数多くあります。運転などの問題がなければ試飲も楽しみのひとつです。岩内、寿都はホッケ、サクラマス、ホタテ、牡蠣、ブリ、ひらめ、あわび、うに、、、はい、書ききれません(笑) 浜の直売店で買い物もしたいのでクーラーBOX持っていくのもアリ。朝は海鮮丼、昼はBBQ、夜は焼き魚で一杯と幸せな時間を過ごせます。ひとつコツとしては、観光シーズンなどは当然飲食店での海鮮丼などちょっと高額なのでうまくお店を見つけることや、鮮魚店や直売所で魚貝類を買って、自分で海鮮丼をつくると良いですよ。なお、この地域のお米(有名なのは蘭越町)も今や一級品ですのでお試しを。
737378

2位 です

増毛、小平、羽幌
たまに行けてるので2位ですが、気持ち的には1位です。
広い北海道の地域別だと「留萌(るもい)管内」となります。

もう気づいてるかもしれませんが、今回の行きたい田舎ランキングは「海のもの」がかなり強めです。何せ北海道の海産物はとても美味しい訳でして! で、このいまいち知られていない地域がすごいんですよ。増毛や羽幌の甘えび&ボタンエビ、小平のタコやホタテ、他にも日本海らしくひらめ、ホッケ、サクラマス、ブリ、うに、鮭、つぶ、、、とどれも高レベル。農作物も果樹園があったり、お米も旨かったり、スイカやメロンまである。「浜焼き」とはこの地域のためにあるのかと思えるほど、BBQしたくなりますよ。そして、ポイントが高い理由にに美味しい酒蔵「国稀酒造」があるのも大きいですね。
4273757357


何度も訪れるうちに、酒蔵さんや農家さん、漁師さんとも仲良くなれたので美味しい食材を超新鮮にいただくことができるのもランキング上位の理由です。ちなみに、増毛は「ぞうもう」ではなく「ましけ」、小平は「こだいら」ではなく「おびら」と読みますのでお間違いなく(笑)
67373737

堂々の1位

函館、知内、松前
北海道のもっとも南「渡島(おしま)」になります。札幌に次ぐ観光客が訪れる函館市、田舎ではないんじゃないか?とも思われますが観光客が増えているのはインバウンドのみ、さらに人口減少も多く過疎地域に指定もされています。市街地から少しはなれると、七飯町、北斗市、知内、松前までほんと田舎です。自分にとっては誉め言葉の「田舎」、悪い意味ではないですからね。だって行ってみたい1位ですし。

737337376583


今更多くは触れませんが、当然この地域も海産物が旨い!イカやマグロまで獲れちゃいます。“戸井の活〆マグロ”は今や青森大間より旨いかも。農作物もニラやホウレン草なども多く作られています。観光としての見どころや温泉もありますし、行ってみたいは断トツの1位です。地元民に愛されるラッキーピエロやハセガワストア(どんなお店かは調べてみてください)にもたまに行って食べたくなるんですよ。今回のランキング1位。なかなか行けない場所っていうこともありますが、コロナが収束したら必ず行きたい「田舎」です。
788886

今回のランキングは難しかったです。。たぶん次回やると違うランキング順位や地域になると思います。何を基準に選ぶのか? お腹がすいてたら食べ物基準になりそうだし、遊びに行きたければアクティブ基準、疲れていたら癒し基準になりそうです(笑) ただ、そんな田舎に行きたいと思うし、そう、そこでまったりと暮らしたいのです。また、いつかランキングしてみたいと思います。
まずは、早くに「新型コロナウイルス」の収束、そして終息を願うばかりです。


7837378373
















ブログランキングもやってみてます!
下のバナーをポチっとしていただくと
いいらしいのです(^^)/
いろんなブログのランキングも見れますよ!


最強競馬ブログで情報GET!






人気ブログランキング


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村



地域情報ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村











 






   





いついな【ブログ】
DSC_0181
いつか田舎でのんびり暮らしたい
http://ituina.blog.jp/