8451545451666




がよく釣れる『時合い(じあい)』の紹介
 理解すれば釣果アップ


最近の釣行で思うことは、魚の活性が一瞬高くなる事がある。そこで、時合いについて考えてみる。時合いとは、、時合い(じあい)とは、魚がエサをよく食べる時間帯のことをいいます。人と同じように魚にも食事の時間というものがあります。

魚釣りではいろいろなジャンルでそれぞれに時合いがります。今回は身近な波止などで狙えるターゲットで時合いとなる要因を紹介しみます。
3432441_m



合い(じあい)とは


時合い(じあい)とは、魚がエサをよく食べる時間帯のことをいいます。人と同じように魚にも食事の時間というものがあります。ここでは時合となる要因についてあげていきます。

時合いは魚の補食スイッチが入った時間帯のことを指します。たとえば、急な水温低下や雨による濁りなど、魚の活性が下がる状況に陥ったとしても、どこかで食物を食べなければ生命活動を維持することができなくなります。よって、悪条件と呼ばれる中でも、その食い気に高低はあるものの、エサを食べる時間帯があるはずなんです。それをしっかりと見極めることができれば、効率よく釣果を上げることにつながると思っています。
3534718_m


時合いの要因
魚の補食スイッチが入る要因、つまり、時合いが訪れる原因は魚によっても、海の状況によっても大きくかわってきます。また、夜行性であったり、昼行性であったりという魚の習性も関係してきます。夜行性の魚を日中に釣ろうと思えば並大抵のことでは釣れない、といった具合であもありますし。
3369593_m


補食スイッチ
時合いが「魚の補食スイッチが入った状態」という前提で考えると、その要因の多くは魚が食べているエサに起因することが考えられます。

極端な例は、ボイル(ナブラ)。イワシなどの小魚が回遊してきて、青物の群れと出会うと青物の捕食スイッチが入り、いきなりベイトを襲い始める。逃げ場を失ったベイトの群れが水面へと浮くことで水面で青物がベイトを追い回すことによってボイル(ナブラ)が起きる。これも時合いの一つで、追われているベイトとルアーを合わせる、または、そのベイトをエサに使うことで比較的簡単にターゲットを釣り上げることができる。
そこで、時合いがやってくるための要因をいくつか紹介してみます。自分が狙おうとするターゲットがどの要因で食い気を起こすのかを知っておくと良いはずです。
485465465

※ナブラ、ボイルについてはコチラでチェックしてくださいね!





時間帯
朝マヅメ、夕マヅメといった言葉の通り、この早朝や夕刻の時間帯が時合いとなる魚は多いです。この要因もいくつかに分かれます。

マヅメ(ここでは全てマズメでなくマヅメで表記)
マヅメとは、日が出るか出ないか(朝マヅメ)、あるいは日が沈むか沈まないか(夕マヅメ)ぐらいの、薄暗い時間帯のことをいいます。この時には、夜行性のプランクトンが海底から出てきて泳ぎ出すと共に、小魚がそれを求めて同じく泳ぎ出すため、時合となりやすいです。また、水中が薄暗くなるため魚の警戒心が薄らぎ、ルアー等への反応が良くなります。
2005641_m


夜行性の魚
たとえば前述のように夜行性の魚であれば、明るくなった朝から夕刻までは住みかに潜んでジッとしていることが多く、ようやく日が傾いて夜行性魚類の行動時間帯に突入します。その際に真っ先に動く目的が食事なのでしょう。だから夜行性の魚にとっては、ブレックファーストが日暮れの動き始めの時間帯となります。代表的な魚がアナゴやウナギです。

昼行性の魚
逆に昼行性の魚の代表としてはベラ、カワハギなどが挙げられますが、これらの魚種は暗いウチはほとんど動かず、明るくなるとようやく動き始めます。なので、夜間にはほとんどエサを食べることがなく夜釣りで釣れることは非常に希になります。
3560272_m


光量の差に注目
単に明るい、暗いというだけではなく、早朝の光量が低い時間帯から、日が昇り徐々に海底に届く光量が増えてくる時間へと、光量は刻々と変化するのですが、その途中で捕食スイッチが入る魚種もいます。つまり「魚自分が活動しやすい光量」があるということなのです。

スルメイカやケンサキイカなどのイカは、光の量には特に敏感とされていて夜釣りで、いわゆる漁り火が明るければ明るいほどイカが寄ってくる訳ではありません。釣りをする場合も、明るい光を点けているうちは浮ききらず、少し明かりを暗く減灯をすると、一気に浮いてきたり投光器の光の際で釣果が多いこともそのためです。
257644_m


光量の変化が重要?
また、昼夜を問わず活動をする魚種でも、朝マヅメや夕マヅメなど光と闇の境目を「状況の変化」ととらえてエサを食べる魚もいます。夜行性、昼行性という特殊な魚以外の場合はこの変化で捕食スイッチが入ることが多いので、やはり多くの魚で朝マヅメ、夕マヅメは重要な時間帯と覚えておきたいです。

曇り
雲がでて太陽を隠して薄暗くなると、水の中も薄暗くなるので魚の警戒心が薄らぎます。これも少し頭に入れておきます。
494604_m



潮まわり

釣りをしていて、それまでほとんどアタリもなかったのに、突然釣れ出して、入れ食いになるという経験をした人は数多くいるはずです。そんな突然の変化でもっとも明確に分かるのが潮の動きだと思います。
1883890_m

基本的に潮の動きは1日に2回やってきて干潮と満潮の潮位差により生まれます。ほかに、黒潮の影響を受けるエリアなどでは、黒潮の動きによっても潮の流れがかわるし、風や気圧配置などでも潮は動きます。湾内の波止などで、明確なのが潮の干満による潮の動き、つまり潮流です。

潮が動くときは魚の食欲があがりやすいとされます。これは水温、酸素量、エサが流れてくる、といった要因があるからです。

まず水温についてですが、魚にはそれぞれ適水温があります。流れてくる潮の温度がある魚にとって適水温の範囲内であれば、その魚は活発になり食欲があがります。
3281963_m

次に酸素量ですが、魚は水中の酸素が薄いとあまり動きたがらず、逆に水中の酸素が十分にあると活発に動き回る傾向があります。

最後にエサが流れてくることについてですが、まず自然界には食物連鎖のピラミッドというものがあります。海ではそのピラミッドの土台を支えるのがプランクトンになります。プランクトンはいつも潮の流れに乗って浮遊していますが、例えば潮まわりによってある釣り場にプランクトンが流れてきます。そうするとプランクトンをエサとする釣り場にいる小魚たちが活発に動き回ります。そうなると、今度は小魚をエサとする肉食魚が活発に動き回るようになります。
3522658_m



潮が動くと魚が釣れる?
ではなぜ、潮が動くと魚の補食スイッチが入るのでしょうか。これには多くの説があって、潮が動くとプランクトンなどの遊泳力が乏しく小魚のエサとなるものが、潮によって流れの陰(ヨレ)などに集まり、密集している部分では効率よくエサを食べることができること。

ほかに、潮が動けば生き物全体が動くことになり、動きが出れば食欲も出て、結果としてエサを食べる魚が多くなる……といったことなど。

その理由は諸説あるものの、止まっている状態から動き始める潮をしっかりと認識していれば、魚がよく釣れるであろう時間帯を予想することもできるし、その準備もできます。その参考となるのが潮汐表などです。
1320319_m


■日本全国 潮見表サイト 潮MieYell サイト  (アプリもあります)
■潮見表+天気+釣れる時間がすべて一画面に タイドグラフBI (アプリ)

 
この2つは自分もよく見てます!



潮位

潮位は簡単にいえば、水面の高さのことです。一般的に満潮時が潮位が高く、干潮時に低くなりますが、大潮や小潮といったいわゆる「潮の大きさ」で、同じ満潮時でも潮位はかわってきます。

また、1年の中でもそれぞれの潮位は大きくかわります。春に潮干狩りをするのは、初夏の産卵を控えてよく肥えたアサリが取れるのと、昼間の干潮時の潮位が非常に低くなる、つまり潮がよく引くからです。ちなみに潮位差が大きいほど水の流れも大きくなり、潮流も速く、強くなります。

潮間帯にはエサが豊富
潮位と魚の食い気に関しては他にも重要なファクターがあります。満潮時には水面下、干潮時には干上がる部分を「潮間帯」と呼びますが、ここにはイガイなどが付着しているのを始め、そのイガイの層にはカニやエビ、ゴカイなどの小さな生き物も多く潜みます。

干潮時には食べられないそのような場所のエサも、満潮に向かって潮位が上がってくれば水中へと沈み、それらを食べる魚にとっては、エサ場が水中に現れることになるので捕食のスイッチもONとなるんです。
3517479_m



食物


自然界における魚のエサは、その魚によって様々ですが、それらはほとんどが食物連鎖の中に入っています。一番下には植物プランクトンから動物プランクトン、それらを食べるイワシなどの小魚、そして小魚を食べる中型魚から大型魚といった具合に、です。

食物連鎖の利用
なので、必然的に食物連鎖の下層の生き物が多く出てくれば、その上にいる生き物の補食スイッチが入ります。極端な例が、前述のイワシに付く青物のボイルです。地元では、チカなどの小魚<イワシの群れ<サバ<フクラギ等といった連鎖で釣りが楽しめてます。

問題は、海域にエサとなるイカナゴやシラスなどの小さな魚などがおらず、潮は流れているもののエサが流れていない時。これは「良い潮なのに食わないなあ」という状況であることになります。
410093_m




まとめ

ここまでいろいろな時合いがやってくる要因を紹介しましたが、難しく考えることはないのです。実はこれらの捕食スイッチが入る要因を並べてみると、とにかく「海に変化があったとき」と考えておけば良いんです! ただし、その変化を見逃さない観察力が必要ではあるのですが(笑)
2000241_m


海の変化をよく見る
比較的潮が動き出す、止まるときなど自分には魚が釣れている時が多いようです。今後もっと、釣れた時の時間を記憶して、確かなデーターをとっていきたいとも思いますが、ちょっとめんどうでもあるし、潮の動きだけでは説明できない事も多いので・・あくまで、目安として(笑)

魚は居ても、何らかの理由でバイトしてこない、しかし、理由は解りませんが何らかの理由で魚の活性が上がって、バイトが多発する時も時合なんでしょうね?
3681671_m

色々な傾向を覚えて実戦していますが、魚釣りって、本当に解らない事ばかりで・・・・面白いです! これ、釣れそうじゃない♪、と思ったその時がもしかしたら時合いなのかもしれません。



































































 






   





いついな【ブログ】
DSC_0181
いつか田舎でのんびり暮らしたい
http://ituina.blog.jp/