2544753_m




サポカー補助金の延長決定で「未装着車」は絶対付けるべき「踏み間違い防止装置」とは

2020年3月より申請受付が開始され、今年度で終了だったサポカー補助金。経済産業省のホームページによると「令和3年度も継続」と書かれています。(ただし予算に達成し次第終了)。
65歳以上のドライバーを対象とした「サポカー補助金」の対象に含まれたことで、にわかに注目を集めている「後付けのペダル踏み間違い急発進抑制システム」。これはそもそも、一体どんものなのでしょうか?


高齢者の運転ミスを原因とする重大事故が増加傾向にあることを受け、政府は2017年よりADAS(先進運転支援システム)を装着する新型車を「サポカー」と呼んで普及・啓発を促しています。
1674693_m




と同時に、すでに公道を走っているクルマに対しても、後付けで運転ミス、とりわけ75歳以上の高齢ドライバーで死亡事故発生の要因として比率が高い、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いを抑えられるシステムを開発・販売するよう、国内乗用車メーカー各社に呼びかけています。こうして生まれたのが、「後付けのペダル踏み間違い急発進抑制システム」です。
3226887_m


国内乗用車メーカー各社が純正用品として販売するこれらのシステムはいずれも、前後バンパーに2つずつ装着するソナー(超音波センサー)、室内に設置するインジケーター(表示器)、車内に置くコントローラー(コンピューター)で構成されています。

機能としては、前後2つずつ装着した超音波センサーが前後3m以内にある障害物を検知し、その際に車速10km/h以下の状態でアクセルペダルを強く速く踏み込むと、ブザー音で注意喚起。それでもアクセルペダルを踏み続けた場合は燃料供給をカットしクリープ状態にまで抑え込むことで、衝突被害を軽減してくれます。
2148970_m



サポカー補助金はサードパーティ製もOK

一方「サポカー補助金」には、自動車メーカー純正用品だけではなくサードパーティ製の「後付けのペダル踏み間違い急発進抑制システム」も認定されていますが、それらの仕組みは大きく異なるんです。
986531_m

多くはソナーを装着せず、車速とアクセルペダルの開度から、ペダル踏み間違いによる誤発進を判定。検知すると自動的にアイドリング状態にしたり、ニュートラルあるいはエンジン停止状態にすることで、アクセルペダルを強く速く踏み込んでも急激に加速しないよう抑え込む仕組みになっています。

いずれにせよ、これら後付けのシステムに関しては、「サポカー補助金」の補助事業執行団体である次世代自動車振興センターが認定した「後付け装置を取付ける店舗等」で取付作業を依頼しなければ、補助金交付の対象とはならないので注意してください。
1820620_m



まとめ

クルマの運転に限らず、身体の衰えを自覚せず、あるいは認めずに、過去の技量が今もあるものと過信して、反応が遅れたり誤った操作をしてしまったりすることは、高齢になれば誰にでも起こりうること。高齢ドライバーが身内におり、周囲の交通インフラ事情から免許返納も難しい場合は、ぜひ積極的に「サポカー補助金」「後付けのペダル踏み間違い急発進抑制システム」を活用してほしいです。
765981_m






ブログランキングもやってみてます!
下のバナーをポチっとしていただくと
いいらしいのです(^^)/
いろんなブログのランキングも見れますよ!


最強競馬ブログで情報GET!






人気ブログランキング


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村



地域情報ランキング


ブログランキングもやってみてます!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村





 



   





いついな【ブログ】
DSC_0181
いつか田舎でのんびり暮らしたい
http://ituina.blog.jp/